【パソコン初心者向け】Chrome.Windows.Macの違いをわかりやすく紹介

PC基本知識
ケロ店長
ケロ店長

【Chrome】【Windows】【Mac】の違いって何?!パソコンを選ぶ上で重要なポイントになるのでまとめてみました。

パソコンは大きく分けて【Chrome 】【Windows】【Mac】の3種類のOSに分けられます。

※OSとは、パソコンのベースシステムになります。

1【Chrome】【Windows】【Mac】の違いについて

ケロ店長
ケロ店長

上の比較表の細かい項目をひとつずつ見ていきましょう!

①ソフトの汎用性

パソコンの種類によって対応してるソフトが決まっています。

店頭でよく聞かれるソフト9選を表でまとめました。

会計ソフト

会計ソフトには色々種類がありますが、Windowsのみ対応の場合が多いです。会計ソフトの利用を目的に自営業、会計士の方がWindowsのパソコンをよく購入されます。Windowsのみ対応の会計ソフト一例:弥生会計、MJSかんたん!会計

DVD再生ソフト

ChromeのパソコンではDVDの再生ができません。WindowsとMacのパソコンで利用できます。まずDVDの再生をするためにはDVD再生ソフトとDVDドライブの2つが必要になります。パソコンによって付いているものといないものがあるので別途購入が必要な場合があります。

※DVDドライブ無しのWindows10のパソコンを購入するとDVD再生ソフトが基本入っていません。

iTunes

Macが比較表の上で※○の理由はiTunesはなくなり、下記4つに分かれて整理されたからです。(※macOS Catalina10.15以降の場合)

  • Apple Music App
  • Apple TV App
  • Apple Podcast App
  • Apple Books App

zoom

使い勝手のいいWEB会議ツールです。3つのOSに対応してます。

Photoshop、Illustrator、Premiere pro

写真、画像、動画などの編集ソフトになります。Chromeは上記3つのソフトは使えません。簡易的にはなりますが、写真や画像、動画の編集をするソフトが別にあります。

FINAL CUT

youtuberやクリエイター向けのソフトになります。映像業界で人気の動画編集ソフトになり、Macのみ対応しています。

まずは自分が使いたいと思ってるソフトがある場合、対応しているか確認しましょう。

②セキュリティ

パソコンのセキュリティとはウィルスの侵入を防ぐことを指します。最近ではインターネット上での買い物も多く、クレジットカード情報を抜き取られて被害に遭っている方もいるので、注意が必要です。

Chrome◎

ソフトを最新の状態で保ち、最新のセキュリティ修正を自動的に行います。また、サンドボックスといわれる制限された環境で個々のアプリとウェブページが動きます。仮にウィルスに感染したページを開いても、他のアプリ等に悪影響が生じません。

Windows△

汎用性の高い分、逆にウィルス侵入の危険が他のOSに比べると高いです。Windowsは別途有料のウィルス対策ソフトを購入することで、Amazonなどのネットサイトで安心してお買い物ができます。

Mac○ (※macOS Catalina10.15以降の場合)

ネットでアプリをダウンロードした際もApple社が認めたアプリしかデフォルトで起動できないようになっています。 ※古いMacを使ってる方は要注意です。

③初期導入コスト

Chrome◎

Chromeのパソコンは約2万円〜と圧倒的に安いのが特徴です!Chromeは安価なモデルで性能が低い場合でも、OSがシンプルな作りのため動作が快適です。

Windows○

Windowsのパソコンは約3万円〜と価格帯の幅が広く、自分に合ったものを選びやすいです。

Mac△

Macのパソコンは約11万〜とお値段はかかりますがその分、価格相応の性能が備わっています。

④商品のラインナップ数

商品のラインナップ数≒販売メーカー数といっても過言ではありません。

商品のラインナップが豊富だと自分にあったパソコンを見つけやすいです。

パソコンを選ぶ時のチェックポイント

  • 性能に対してのコスト
  • 画面サイズ
  • 重さ
  • キーボードの打ち心地
  • 見た目
  • 端子の拡張性(USB端子や外部出力の数等)

Chrome○

商品ラインナップ数はWindowsと比べると少ないです。

Chrome主な販売メーカー(Lenovo,HP,ASUS,ACER)

Windows◎

3つのOSの中で最も販売メーカーが多いです。販売メーカーが多いことにより、最も軽いパソコンやとても頑丈なパソコンを選ぶ等、幅広い選択肢の中から選べるのがメリットです。

Mac△

Apple製のみ。

ノートパソコン(MacBook Air、MacBook Pro)

デスクトップパソコン (Mac mini、iMac、Mac Pro)

⑤周辺機器の対応度

周辺機器とは…キーボード、マウス、テンキー、DVDドライブ、ハードディスクなど。周辺機器の対応度はメーカーによって動作確認がされている商品の数の多い少ないを示しています。

実際は刺してみれば使えるものもありますが、動作確認をしているメーカーが少なく、使えるかどうか分からないのが現状です。

Chrome△

Chromeは動作確認がとれた周辺機器が最も少なく、選べる商品が限られます。DVD&Blu-rayドライブが使えないため、注意が必要です。

Windows◎

動作確認が取れた周辺機器が最も多い。また古い周辺機器も新しいパソコンで使える場合も多くあります。例えば、前のパソコンで使っていたマウスを新しいパソコンでそのまま使えることがあります。

Mac○

Macのパソコン周辺機器はバージョン○○以降と書かれている商品が多いので、注意して見てください。

⑥アフターフォロー

パソコンが急に動かなくなった、パソコンの使い方がよくわからない時に支えてくれるサポートがあるかないかです。

Mac◎

1番アフターフォローが手厚いです。
iPhoneを使っている人は分かるかもしれませんが、Appleストア、コールセンター、チャットサービス等、サポートが充実していて、クオリティの高いサービスを受けることができます。

Windowsの日本メーカー○

Windowsはメーカーによってサポートが異なるため、表では?(はてなマーク)とさせてもらいました。Windowsパソコンを出している日本メーカー(NEC、FUJITSU、dynabook、Panasonic等)は日本人対応で丁寧なアフターフォローが期待できます。

WindowsとChromeの海外メーカー△

パソコンを出している海外メーカー(HP.DELL等)は海外コールセンター対応が一部あります。しかし、海外コールセンターだと日本人が対応してくれるとは限らず、日本語がカタコトな方が出てきてなかなか思うようにいかない時もあります。パソコンが苦手な方は有料アフターフォローサービスがいくつかあるので、そちらを利用する事で不安を解消する事ができます。

まとめ

ケロ店長
ケロ店長

【Chrome】【Windows】【Mac】についての特徴を簡単にまとめてみました

ケロ店長
ケロ店長

ここで自分にあったパソコンを選ぶ上で一番最初に考えて欲しいことがあります。どのパソコンを買うべきかは、何をやりたいかによって変わります。

安いパソコンを求めて、低予算でパソコンを買と、動きがかくついて使いづらい、やりたいソフトが対応していない等の問題が起こります。パソコンが思うように使えず、すぐ買い替えになってしまったお客様も実際にいました。予算だけを重要視すると痛い目を見るので、しっかり自分のやりたい内容にあっているかを確認してパソコンを探しましょう!

自分が何をやりたいのかを明確にする

やりたい内容にあったパソコンを探す


特にChromeのパソコンは安くておすすめですが、DVDやBlu-rayが見れなかったり、iTunesが使えなかったり、対応してるソフトが少ないので、色々やりたい人には物足りない場合があります。
このように自分に合った、用途にあったものの探し方についてはまた別途〇〇向けの選び方というので紹介していきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました